30代半ばのお肌の変化



毛穴のたるみが増加する30代半ばの肌は、20代の頃と比べてどのように変化しているのでしょうか。

まず、お肌も30代半ばともなると、年齢を重ねることや、これまでの人生で浴びてきた紫外線のダメージの蓄積によって、弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンが減り、お肌の質も徐々に低下していきます。

つまり、ゴムがボロボロになって弾力性が低下し、使い物にならなくなってくるという感じです。

さらに、新たにコラーゲンやエラスチンを生み出す母細胞の働きも徐々に低下してきます。

つまり、古いゴムを新しいゴムに置き換えることもままならなくなってくるわけです。

そして、肌のもっと奥深くでは、筋肉が衰え、皮下脂肪が減り、同時に垂れ下がる、顔全体のたるみがスタートしています。

ただし、皮下脂肪が増えても、支え手のない皮下脂肪はたるみを推し進める一方であるということなので、注意しましょう。

もう一つ毛穴のたるみに大きな影響を与えているのが、肌の潤いです。

肌の表面が潤っていると、それだけでツルンとなめらかに見え、毛穴もうまくカモフラージュされます。

しかし、肌に潤いがなくなると、乾燥してしわっぽくなり、毛穴もかなり大きく広がって見えます。

毛穴のたるみの対策には、真皮層の弾力の低下、筋肉と皮下脂肪のたるみ、角層の潤い不足、毛穴ケアにはこの3つのポイントを抑えておく必要があります。

→NEXT:毛穴ケア−アンチエイジング
タグ:毛穴ケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。