毛穴ケア・ニキビの予防タイミング



生理が近づくと、肌が脂っぽくなったり、ニキビができたりと、毛穴のまわりが一気に騒々しくなってきます。

毛穴と女性ホルモンには、切っても切れない深い関係があります。

最もニキビができやすい時期として、月経期が挙げられます。

月経期の不調は生理が始まる14日前からスタートしていて、この14日間は女性ホルモンの中でも皮脂の分泌を過剰にしてしまうプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になり、肌がオイリーに傾き、毛穴が詰まりやすくなって角栓もできやすくなります。

そして、生理がはじまると、皮脂の分泌量がピークに達し、このときにニキビが急激に悪化したり、毛穴が大きく開きやすくなります。

生理中にニキビが悪化するのは、生理中ゆえに肌が貧血状態になり、免疫力が低下して細菌に感染しやすくなるためでもあります。

しかし、生理も2日目になると、プロゲステロンは落ち着き、かわって女性ホルモンの中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になってくるので、皮脂もおさまり、毛穴も引き締まります。

エストロゲンは、肌の潤いをアップさせたり、肌のターンオーバーのリズムを整えたりと、肌を美しく保つ効果が高いため、美肌ホルモンと言われることもあります。

生理が始まった日から7日〜14日目の間は、エストロゲンが上昇する時期にあたり、肌が最も美しく見える時期に入ります。

しかし、これも排卵までの間で、排卵を迎えると次の整理までの間、またプロゲステロンが優位になり、肌がオイリーに傾いたり、毛穴の開きが気になったりしてしまいます。

また、この時期は、メラニンが生成されやすくなったり、ターンオーバーのリズムが狂うなど、肌全体の調子が悪くなります。

このように、女性ホルモンのバイオリズムと毛穴の変化はリンクしています。

このサイクルさえ理解しておけば、毛穴ケアやニキビの予防策も立てやすいのではないでしょうか。

→NEXT:毛穴ケア−毛穴の病気
タグ:毛穴ケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。