毛穴ケア−毛穴のたるみについてカテゴリの記事一覧

毛穴は楕円、タテ長形にたるむ



丸い毛穴が細長いタテ長の毛穴に変わるとき、老化による毛穴のたるみが発生し、新たな毛穴のケアが必要になります。

鼻の横の頬の毛穴が、楕円形に近づいてきたり、縦長に広がってきたり、そんな状態が続いたら、毛穴のたるみに注意が必要です。

30代も半ばを過ぎてくると、丸い毛穴が細長い毛穴に変わる毛穴のたるみが発生しやすくなります。

これは、毛穴だけの問題ではなく、毛穴を含む肌全体の老化によるものです。

誰しも少なからず避けることのできない老化のサインの一つといえます。

では、毛穴のたるみはどうして引き起こされるのでしょうか。 実は、毛穴は常にポッカリと口(毛穴)を開けているわけではありません。

本来はゴムのように弾力を持った真皮層に、ギューギューと、おしくらまんじゅうをする力が弱まってしまうわけです。

すると、毛穴はダラリとゆるんで、口(毛穴)も大きく開いてしまうのです。

そのダラリとゆるんだ毛穴が、筋肉や皮下脂肪が下がることによる顔全体のたるみによって下方向に引っ張られたのが、毛穴のたるみです。

だから、毛穴のたるみは楕円や縦長の見えるのです。

毛穴のたるみの原因となる、真皮層の弾力の低下や顔全体のたるみは、肌の状態がピークを迎える20歳を境に知らず知らずのうちに始まっているのですが、それが毛穴のたるみという毛穴の問題として自覚できるようになるのが、だいたい30代半ばです。

毛穴ケアを行っていきましょう。

→NEXT:毛穴ケア−30代半ばの肌
タグ:毛穴ケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。